顔のたるみの原因

女性の永遠の悩み…それは年齢を重ねる事で起きてくる顔のたるみです。顔のたるみは他人に老けた印象を与えてしまいます。原因を考えて効果的な対策を取る事で、顔のたるみなどの悩みを
解消したいですよね。

まず顔のたるみですが、原因は表情筋の衰えから来ます。この表情筋と連動して、顔のたるみに大きな影響を与えているのが僧帽筋です。僧帽筋は主に肩甲骨を支える働きを持っていますが、後頭部から背中まで広く広がっている筋肉で、顔を後ろから引っ張り上げるという役目を担っています。

この僧帽筋が衰える事で、それに連なる表情筋の動きも悪くなり、それが原因で顔のたるみを引き起こす結果となります。もう一つ、顔のたるみの原因として大きな要因となっているのが紫外線です。元々肌は柔軟な性質を持っています。

しかし紫外線を多く浴びる事で、皮膚の真皮層にある「エラスチン」や「コラーゲン」がダメージを受け、老化現象が早まってしまうのです。これを光老化と言います。

紫外線によりコラーゲンが断裂されたり、エラスチンが変性する事で真皮層は弾力を失い、顔のたるみやシミ、シワの原因となります。予防としてはなるべく紫外線に当たらないように工夫する事が大切です。

又、僧帽筋は猫背などの姿勢の歪みから硬くなり、表情筋に影響を与えるので、背筋を伸ばす事を心掛けましょう。コラーゲンが豊富な食事を摂るようにする事も効果的です。日頃から気を付ける事で顔のたるみを予防しましょう。
posted by 顔たるみ解消小顔 at 05:00 | TrackBack(0) | 顔のたるみ原因