ボトックス注射で小顔になる方法

小顔に憧れる人の間で話題になっている方法の一つにボトックス注射があります。ボトックス注射とはボツリヌス菌から抽出された蛋白質の一種で、筋肉に作用してその動きを麻痺させる働き
があります。

例えば眉間や目元のしわは、長い間同じ筋肉が収縮を繰り返す事で刻まれてしまいます。ここにボトックス注射をすると、筋肉の収縮を弱めてシワが出来にくくなるのです。

このボトックス注射には小顔になれるという効果もあります。顔には咬筋と言う筋肉があります。咬筋は物を噛むのに使う筋肉です。この筋肉が発達するとえらが張って顔が大きく見えてしまいます。

ボトックスを注射する事で筋肉を萎縮させ、えらを目立たないようにする事で小顔を手に入れる事も可能です。メスを入れる美容整形手術とは違い、施術後すぐにメークも出来るし入浴も出来るので手軽に行える事で人気が高まっています。ただまれに表情が硬くなったり瞼が重くなったりと言う副作用が出る場合もあります。

ボトックス注射を考えている方は、まずは信用の置ける病院で相談して、きちんと説明してもらってから行う事が大切です。またボトックス注射の効果は半年から1年と言われています。小顔になったからといって、そのままだと元に戻ってしまうので定期的にボトックスを注入する必要があります。

長く続けていると筋肉が記憶して徐々に小顔になる場合もあるそうです。費用は部位や状況によって3万円程度から数十万円まであるようです。決して安くはありませんので、まずは小顔に効果のあるマッサージやエクササイズを試してみてから考えても良いでしょう。


posted by 顔たるみ解消小顔 at 09:19 | TrackBack(0) | 顔のたるみ原因
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/19818843
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック