どうにかして国民健康保険料は安くならないのか?

 『たった数十分で165,291円もの国保削減に成功!!』

あなたは・・・「国民健康保険料って高すぎる・・・」

そう思い、そして、

「どうにかして国民健康保険料は安くならないのか?」とお考えではありませんか?

結論を申しますと、ズバリ国民健康保険・国民年金を今よりも安くすることはできます!(もちろん合法的にです。)

何はともあれ、論より証拠です。

「国保・年金を大幅削減するノウハウ」の成功事例をご覧下さい。

Aさんは30歳(独身)です。
年収は額面240万円(月平均20万円)です。

そのAさんの国民健康保険料は一体いくらなのでしょうか?
元々の金額は以下の通りです(細かい解説は省略します)。

【所得割】 @ 240万円−90万円−33万円=117万円
      A @×10.18%=119,106円
【平等割】 27,667円
【均等割】 38,309円×1人=38,309円

ですので、「所得割+平等割+均等割」=185,082円になります。
(月平均15,423円です。)

Aさん:
「月平均20万円と少ないのに、この金額ではきつすぎる。
 国民年金と合わすと月3万円ですよ・・・」

そこで、「国保・年金を大幅削減するノウハウ」を実践してもらいました。

そして結果はどうなったのか?
詳しい改訂後の納入通知書は、以下をご参照ください。

  >> 国民健康保険・国民年金の大幅削減する方法とは!?

なんと年間19,791円です。(月平均は1,649円です。)

もとの金額から、なんと165,291円もの国民健康保険料の削減に成功しました。

しかも、国民年金についても、マニュアルを実践して頂き、その結果、支払わなくてもよくなりました。

もちろん、支払わない分は、将来の受給は少なくなりますが、まずは「今」を大切にしないといけませんから。

いかがですか?Aさんが実践した内容は、マニュアルをご覧頂いて、役所に行き、ほんの数十分あることをしただけです。

1.マニュアルを読む!
     ↓
2.数々のノウハウから自分に当てはまるものを実践する!

Aさんの事例は、決して偶然ではなく、

制度をしっかりと利用したあるノウハウを実施すると、法律上、国民健康保険料の削減が可能となるのです。

なので、Aさんのようなケースに該当すれば、あなたも、国民健康保険料を大幅に削減することができるのです。

▼ 国民健康保険・国民年金を大幅削減したいなら…!!

   (詳しくはコチラをクリック!)
  >> 国民健康保険・国民年金の大幅削減する方法とは!?

さあ、厳しい今だからこそ、一緒に『国民健康保険料や国民年金の削減』を実践しましょう!
posted by 顔たるみ解消小顔 at 09:43 | TrackBack(0) | 生活